いのりちゃん式 絵本の読み方


07 Mar
07Mar

知らない単語もへっちゃらさ。

【祈りちゃん式 絵本のよみかた】

今日は、児童公園で遊んで、迷路ごっこをして、算数遊びをして、それから枚方Tサイトの5Fに行ったよ。残念ながら才くんはやや体調不良気味。祈りちゃんは、元気いっぱい。Ghost Tempra(おばけのてんぷら) という絵本を発見。即、おねだり。2000円。

『即の力』

備わっています。セミナー講師頼もうかなぁ。かなりほれ込んだらしく、お気に入り。しかし、確かに英語訳付きの絵本だったけど、祈りちゃんにとっては知らない単語が半分以上。日本語だって、知らない言葉が半分以上。受験生のみなさま、知らない英単語があった時、あきらめちゃったんじゃないですか?祈りちゃんは、負けません。いや、ちっとも苦しむ様子がない!!!? と、まぬけなぱっぴ(父親のこと)がみていると、すらすらと読み始めました。語学力的には、読めるわけがないのだけど、祈りちゃん(5さい)は、

絵に合わせて、

勝手にストーリーを作って、

その通り読んでいく。

そして、検証するかのように、

ぱっぴに英語と日本語で音読させる。

祈りちゃんは、自分の推定がほぼあっていると思うと、

満足げに次のページへ進むのです。

この読み方を、

「いのり式絵本の読み方」

と、勝手に命名します。

大切なところは、困っていないこと!

むしろ推測や創造を楽しんでいるところ!

英単語が覚えられないと嘆いている受験生はこの「楽しみ方」が不足しているのですね。

祈りちゃんがすごいことを教えてくれました。

祈りちゃんに教えてもらったぱっぴこと塩地光世でした。

2021年3月7日

追伸 

この後、「まつのや」でお子様セットを食べてご機嫌。

おもちゃのネイル(シール)を付けて自慢していました。 

コメント
* メールはウェブサイト上に公開されません。